--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 見てきたよ豪華2本立てだ(戯言)

2010年11月03日 22:15

SBSH0181.jpg


片道2時間掛けて行ってきました県南のシネコンまで。
今日は祝日水曜日ということでお客さんも多いし、やっぱり女性が多かった。
オイラは事前にネット予約で座席確保してたので、見てきた映画2本とも
中央真ん中の好座席でございました。
以下ネタバレ含みますので御注意あれ。









まずはS/Pから。


ずっと井上のターン!って感じでございましたなぁ~
まだまだ野望篇では真相はわかりません。
井上が能力使いすぎてて破綻しないか心配になったくらい、能力使いまくりで
頭痛と眩暈に耳鳴りが可哀相だったぉ。
尾形と井上が対峙して話すシーンも見ごたえ充分でしたが、私的には
伊達と尾形がホテルで話すシーンが一番…萌えたっw
うっかり伊/達×尾.形とか想像しちゃったジャマイカwwww
だってえええ尾形さんツンデレなんだもおっ
伊達がワインを差し出すけど一礼して去っていく尾形。
そこが尾形らしい行動だったなぁ…あそこで飲んでたら尾形らしくないんだけど
腐れ的には飲んでくれた方が次の展開が想像しやs(ry

えーとにかくアクションばかりで緊張のしっぱなし。
スピード感があってドキドキワクワクハラハラでございました。
ちょっと息を抜けるシーンもあるけど、やっぱり物語の展開上少なめですな。
しかしまぁ岡田君ってば体張ってるわぁ…ノースタントだって事前から知ってたんで
アクションシーンもさることながら、冒頭すぐのフリーランニングでは本当に車に
当たっちゃうんじゃねぇかと思って、「ぅわっ…」って言ってしもたよ。
それくらいにリアリティのある映像でした。
そしてワタクシめは、終始、堤さんの美しさにメロメロになっておりました。
朝焼けをバックに佇む尾形を風が吹き抜けて
「…残念だよ…本当に残念だよ…」
と呟くそのお姿が神々しいーーー(><)
美しい…本当に美しい…と尾形口調で言いたいですよ、堤さんっ!
大好きだあああああああああっ!






そんでもって続けざまにGAROを鑑賞。

もぅね、久しぶりに鋼牙に逢えて嬉しいったらありゃしないっw
全編3D映像でしたが、思ってた以上にリアリティのある映像で違和感なし。
それほど頭痛とか眩暈とかもしなかったので、すんなりと鑑賞出来ました。
ザルバが手の届く位置にきたり、鋼牙の剣や、とび蹴りした足などが目の前にきて
とても効果的な演出になってて良かったなぁ~。
鋼牙がホラーにダメージを与えられてクラブのテーブルみたいなんに体当たりを
してしまうんですが、カメラが切り替わって鋼牙がこっちに向かって倒れてくるんだっ
めっちゃ近くまでなっ!苦悶の表情を浮かべながら迫ってくるもんだからもおおおっ
ハァハァしてもたわーwwwwwwww

そして津田さんも出てたし笠原さんも出てた。
ちゅーか笠原さん金髪かっちょ良すぎるぅうう!!!
そんでもって倉貫くんがまぁ大人になって…(つД`)ホロリ
龍騎にタイムレンジャーという朝のスーパーヒーロータイム大集合だぉ!
斎藤さんも出てらしたから臨場萌え~とかも思った。

内容としては前回の白夜~によく似てますけども、ケンギ(津田さん)と烈花の親子愛に
涙が出てしまいました…映画やドラマとか見ても泣かないんだけど、やっぱり
父娘がテーマになると、涙腺が弱くなる。
只でさえ、閉じ込められた英霊達がガロをバックアップするかのように闘志を燃やし
共に戦うというシーンで胸がジーンとしているというのに、そこでケンギと烈花のやり取りが
入って…あぁ…思い出しただけで泣きそうだ。
ケンギが本当に優しく烈花の頬を撫でて嬉しそうに笑ってから戦いに参戦していく。
逢えた喜びと、行ってしまう辛さ、逞しい背中は自慢したくなるように感じる。
色んな感情がごちゃ混ぜになって涙が、ほろほろでました…。
烈花って、父さんが大好きだったんだと判るワンシーンでございます。

ホラー側にも涙を誘うシーンがあって、笠原さん演じるクルスは愛しい妻のシオンが
亡くなったしまったことへの辛さからホラー化したということで…。
シオンを二度も失ってしまったクルスの悲しみは相当たるものでした。
それにしてもシオンが可愛くてですね。本当可愛くて可愛くてお人形さんみたいで。
こんな顔に生まれてみたかったと思いました。無理ですけど思いましたww

そして何よりも嬉しかったのが、エンドロール後の鋼牙とザルバの会話。
烈花が付けてくれた魔戒竜の稚魚が鋼牙の周りをピョンピョン飛ぶんだけど
ザルバが名前をつけた方がいいんじゃねぇか?と提案し、
「カオル、ってのはどうだ?」
「……ザルバ…(睨む鋼牙)」
っていうやりとりがね、嬉しかったんだわ。
魔戒騎士として、色んな所へ旅する鋼牙とザルバ。色んな魔戒法師や魔戒騎士、
色んな人間と出会うけど、カオルは2人にとって特別な存在なんだっていうのが
判って嬉しかったなぁ。
本編終わったから、カオルも終わり、はいもう出ません。っていうのじゃないから素敵だ。

そんなカオルちゃん。友情出演でカルマの声を演じておりますwww
この「RED REQUIEM」ってDVD化になった時はどうなるんだろう…
やっぱ3D映像になるのかしら。
3D非対応のプレイヤーで流しても眼鏡掛けたら3Dで見えるなら良いんだけど
どうなんだろうなぁ。
ともあれ、DVDでたら買おう。うん、そうしよう。



ってことで豪華2本立ての映画三昧で終わった一日でしたが、さすがに疲れたぁ~
風呂に入るまで頭痛が止まらなかった。
ちょっと遠出するとコレだから嫌になるぜまったく…。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    ◆ News


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。