--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 夢が叶う日 (戯言)

2008年11月23日 18:45

もともと狼が大好きでした。
でも峡司の設定を考えて、それが狼という動物に落ち着いた時から
もっともっと狼のことが大好きになって、色んなサイトで勉強しました。

大昔、日本で狼は神の化身、神の使いといわれて神格化されていました。
オオカミという読み方も、「大神」から来ているという一説があるとか。
それに狼という感じ、けものへんに良いという字ですよね。
知能も高く仲間意識が強い誇り高い動物なのです。

それが獰猛で野蛮で恐ろしい狼
西洋童話で偏ったイメージを受け付けられてしまって、日本人の中でも
間違った知識のまま狼を捕らえている方いますよね。

一匹狼というと孤高の存在で、どこか物寂しいけれど崇高なイメージを
もつ人も居ますが、本当は違うんですよ。
狼は群れを形成し、チームワークで狩りを行う動物なので、一匹でいるというのは
群れから追い出された負け犬的扱いなのです。


そんな色んなイメージを持たれてしまう狼ですが、峡司をお迎えしてからというもの
空想の中でずっと欲しい欲しいと思ってたものがあって。
相談したら、面白そうですねぇ、やってみましょう!と快諾を頂き、依頼させてもらいました。
まだ話を詰めてる段階で、資料をお送りできてないのですが(汗)
半年以後には我が家に…っ。嬉しいっ!!

このお話を快諾頂けたときから、嬉しくてちょっと気持ちの持ち方が変わりました。
よぉっし!仕事頑張るぞいっ!





◆ News


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。