--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 一門の癖とか発音 (戯言)

2008年04月04日 21:10


今日も変わらず落語話を一席…

THE南光は2周目に突入。何回聞いてんのや(笑)
やっぱり南光師匠のお話は面白くて可愛くてえぇなぁw
しゃがれた声がこれまた渋いでないのさ~
透き通った声も好きですけど、南光師匠のお声にハマると
あのしゃがれが基準になっちゃってぇ~wデレデレ

小さい頃からアニメばっかり見ておって、EDのテロップで声優さんを
片っ端から覚えました。
初めてニュータイプというアニメ情報誌を買い付録で付いてた
声優本には大御所から、当時新人までの声優がズラリ。
あ、この声優さんこのキャラの声やってるんじゃ。
などと覚えて行き。
吐息や雄たけび、一言を聞いただけでどの声優さんか大概判るように
なりまして。
あげく、ボイスチェンジャーが掛かっていようとイントネーションや
発音のアクセント、呂律の癖なんかで誰の声か判ります。
まぁアニメ好きなら誰でもそうでしょうけど。

そんな風にして耳を鍛えていた(?)せいか、
「Tさんは耳が良ぇな」と褒められ(?)調子にのるhacchyは、
職場で中国人の日本語のマネやらフィリピン人の日本語のマネなど、
パブ風にしゃべってやると、男性職員がゲラゲラ笑います。
何がそんな面白いんだかね(笑)

耳の性能自体はよくないんですが(軽い中耳カタルなんで)
少し聞き取り難い為、人の話などを注意深く聞き取るような癖がついてまして。
だもんでアクセントや発音の強弱を自然と摘んで聞いてます。
今落語を聞いててもその聞き癖が役に立ってるんすわ。
声色が違っても、ちょっとした癖やアクセントなんかは、師匠から
譲られた口伝の技が垣間見えるんですねw


ほんでこの間、上方演芸ホールの総集編BS版を見てました。
出演者は
桂歌之介サマ「狸の賽」
桂小春団治師匠「大名将棋」
笑福亭松喬師匠「崇徳院」

歌之介サマの「狸の賽」
細かな所作の綺麗さや、狸のたーちゃんの可愛らしさ、
遊び人が、たーちゃんが化けた賽をツボに入れる所作の優しさ
丁寧に演じられる歌之介サマに惚れ惚れ。

創作落語が中心の小春団治師匠ですが、古典落語の「大名将棋」では
殿のアホっぷりが可愛くて、将棋の香車を打つのに
「余の槍は東山宝蔵院流の槍であるっ。
 この槍先、受けれるものなら受けてみよぉーー!」
って好き放題に将棋を打つ負けず嫌いっぷりがおかしかったぁ!
バカ殿っぷりが可愛い可愛い♪
ご意見番の石部には流石の殿様も頭が上がらないのが一層可愛い…
落語の登場人物はアホの子ほど可愛いもんです♪



そんでもって笑福亭松喬師匠の「崇徳院」

急いで家に帰って途中から見始めたんが松喬師匠の崇徳院。
途中からでもゲハゲハ笑ったんですが、通しで見ると益々オモロイw
まずはビジュアルからオレ好み♪
綺麗な黄緑のお着物に、ふっくらしたお腹~ww
見てると大黒様みたいで和みますね、松喬師匠…///
松喬師匠はふっくらとして貫禄あって梟みたいにフクフクした御人ですが
演じる若旦那は、シュッとした細面の色白美形さんっていう雰囲気。
対して大旦那は貫禄ある大棚って感じで、少し野太い声。
親馬鹿炸裂すぎて必死なんが面白いw
終始可愛いのは熊五郎はん♪
早合点でちょっぴりシャイなあんちくしょう。
欲に目が眩みつつも一生懸命お嬢さんを探す人の良さが憎めないねぇ!
熊五郎の奥さんはしっかり者でチャキチャキした御人なんだけども
熊五郎が「かか、今戻ったで」の後「おかえり」ちゅーんすけど
その一言が芯が通ってるけどやんわりとしてて優しいなぁって。
普段の言葉はキツイ言葉もあるんだけど、その「おかえり」の一言が
すごく優しいから仲が良い夫婦なんだなぁと垣間見えるわw

ほんで松喬師匠の噺を聞いてたら、どうも笑福亭鶴瓶さんの
イントネーションに似てるんだよなぁ…
上方落語家名鑑で系図を調べたら、松鶴師匠のお弟子さんで
鶴瓶さんの兄弟子さんやああああんっww
なるほろねぇーそら鶴瓶さんのイントネーションと似てても頷ける。
となると、ますます松鶴大師匠の噺が聞きたくなってきたどおおっ!
松喬師匠のお師匠サマの松鶴大師匠の噺が聞きたいいいぅw
来月CD買うか。




とりあえず「萌え抜き」で好きな噺家さんを箇条書き。
(敬称略の好き度順)

・桂枝雀
・桂南光
・笑福亭松喬
・桂小米朝
・桂文枝
・桂米朝

松鶴師匠はまだ聞いたことないので羅列してまへん。
よね吉サマは萌え目線過ぎてアホになって訳判らんなるんで抜き






…(・ω・;)…オサーンばっかりやね…
こんなとこでもオサーン好きですかオレ。
円熟した芸が好きなんでしゃあないw





◆ News


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。