--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 簡単カスタム (doll)

2007年07月05日 19:41

以前、首の伸縮パーツを作ったのですけども
やり方が悪かったのか、首をかしげたりする微妙な角度が
カクッとなって旨く固定しなかったので再度伸縮パーツを作製。

簡単に、安価で出来る!

これをモットーに作ってみましたぉ( ´ー`)y―┛~~

作製手順を載せますが、どのような結果になりましても当方は
一切の責任を負いません。
全て自己責任で行ってください。



= 用意するもの =
・ビニール製のクリアファイル(B5ぐらいでもたくさん取れます)
・裏が白紙の広告
・ハサミ
・鉛筆
・ものさし
・油性ペン
・消しゴム

これだけあれば出来ます。
パテが苦手な人も不器用な人も、安心且つ簡単で安価に出来ますぞ。


工程その1
100均屋さんでビニール製のクリアファイルをゲット
しなやかで若干の厚みがあり強度面から見てもビニール製のが良いかな、と。
事務によく使うプラ製のクリアファイルだと反発力が高いので避けました。
出来るかどうかは不明ですが。

そんで広告の裏に下記のような円形のものを書きます。

atati1.jpg


外円は3センチ、内円は2センチ。
Sカンが通る穴が大体2センチくらいなので内円は2センチにしました。
ハサミで綺麗に円形を切り取ります。
Sカンを通す穴も必要なので、内円を切り抜きます。




工程その2
くり貫いた紙をクリアファイルの間に挟んで、油性ペンでライン取り。

atati2.jpg


後で消しゴムで線は消すので大胆に線を引いてもOK。
どうしても気になるならコンパスの鉛筆部分を針などに差し替えて
切り抜く線をひきましょう。

atati3.jpg


下の写真で若干油性ペンが残ってますが(笑)皆さんは綺麗に消してくださいねー。
キャストに油性ペンが付いてはいけませんので。
オイラの場合は、裏返して油性ペンがついてない方を肌に触れる面に
しております。


キコキコキコキコとハサミで12枚ほど作ってみましたー。
重ねるとこんな感じ。暑さは5ミリになりました。

atati4.jpg


前に作ったパテの伸縮パーツが5ミリ厚だったので5ミリにしただけです。
深い意味はありまへん。




工程その3
切り抜いて出来た伸縮パーツをボディに乗せます。

atati5.jpg

こんな感じー。
パーツ同士をセロテープで固定しようかとも思ったんだけども
固くなって微妙な角度が取れないといけないので、オイラはそのまま
首に乗っけただけにしました。
それに、ヘッドごとに使用個数を変更できるので丁度あった首の長さに
変えることが可能でござい。



工程その4
最後にヘッドを乗せて完成ーー!

atati6.jpg


パテで作るよりかは目立ち難いと思いますが…ま、個人差です(オイ!)
ウィッグを被せてしまえば大丈夫ではないでしょーか。





はい!完成です。たったこれだけ!
あら簡単、あらお得!
時間も手間も省いて簡単に出来ましたよ。
KIPSのパクリみたいなもんです。つってもオイラKIPS持ってませんから
どんなもんか判りませんけどもヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ


是非、ものは試しですんでお気軽にお試しあれ!






◆ News


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。