--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 愛しい存在

2006年06月03日 21:11

友人に峡司をフルチョしてもらってから数週間後だったか
とあるアニメのEDを見たのがきっかけ。

友人達と一緒に眠るキャラクター

喧嘩ばかりして、いつも小突きあってるくせに
なんの警戒心も無く眠る姿
信頼してるからこそ、安心出来るからこそ傍で眠れる

それを見たときに思いました。
峡司の眠る姿が見たいと…


気づいたら友人に速攻依頼してました。
その時にはもう狼設定が決まってたので、余計に見たかった。

野生動物は気を抜いて眠ることはありません。
小さな物音にも敏感に反応する。
峡司は我が家に来る前迄、人間から迫害を受けていた設定
だからこそ、安心して眠ってる姿をこの手に抱きたかった。


何の警戒も無く、四肢を投げ出し、
柔らかな風を頬に受け眠る
此処が還る場所で住家となり、仲間も揃い
ようやく安心して眠れる寝床

そんな峡司が見たくて、そんな場所にしてやりたくて
友人にカスタムをお願いしました。
旧ヘッドが廃盤になる前から依頼してて本当に良かった。
今はもう旧15番は無いから…



その眠る峡司が本日我が家に到着しました。
一日千秋の想いで待ってたんだ。
その時間すら必要な時間で、きっと直に我が家に到着していたら
こんなに熱くて熱くて堪らない想いまで、いかなかったかもしれない。













DSCN1084.jpg



DSCN1087.jpg



DSCN1072.jpg



DSCN1088.jpg



同じようなショットだけど、ちょっとした角度で随分表情が違う
愛しくて愛しくて堪らない。




迫害を受けてしまった峡司と愁司には安心して眠ってる姿が見たいし、
眠れるようにしてやりたい。
愁司、もうちょっと待ってて。
お前も安心して眠れるように準備するからね




おやすみ、峡司
大好きだよ



安心して、ゆっくりおやすみ
愛しい君よ







◆ News


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。